講座カレンダー

まちでつくるプロジェクト

まちラボ特別編  「まちでつくるプロジェクト」


昨今、まちを舞台に様々なプロジェクトが開催されています。
地域の抱えている課題や発信したい魅力を自分なりの視点で企画・実施するためのアイデアを、各回ゲスト講師をお招きしディスカッションを通して学びます。これから「まち」でのプロジェクトを考えている方、これまでプロジェクトを実施してきた方のご参加をお待ちしております。


6/18(日)「まち」の発見!
「まち」で企画をつくる前に大切なことをディスカッション形式で参加者の皆さんと考えていきます。 

講   師:浅見俊哉
ゲスト講師:遠藤一郎(未来芸術家)
未来へ号ドライバー、DJじゃみへん、カッパ師匠、iRAINBOW JAPAN、GO FOR FUTURE、from HELL、富士山マグマ農場など活動が多岐に渡る。
車体に大きく「未来へ」と描かれた、各地で出会った人々がそのまわりに夢を書いていく『未来へ号』で車上生活をしながら全国各地を走り、「GO FOR FUTURE」のメッセージを発信し続ける。アートイベントで展示やパフォーマンスを行うほか、現在、凧あげプロジェクト「未来龍大空凧」を各地で開催。


7/16(日)「まち」でつくる!
「まち」で実際にプロジェクトをつくる手順や方法を考え、展開するための準備を考えていきます。

講   師:浅見俊哉
ゲスト講師:中山亜美 (アートマネージャー、合同会社EDGE HAUSマネージャー
地域のクリエイターや起業家が集まる、コワーキング&シェアオフィス「Noblesse Obilige(NOB)」を運営。
東京芸術大学大学院芸術環境創造分野修了。専門はアートプロジェクト、アートマネジメント、まちづくり。UDCK(柏の葉アーバンデザインセンター)ディレクター。平成28・29年度埼玉県芸術文化拠点創造事業推進委員。


9/3(日)「まち」を伝える!
実際にこれまでの時間に学んだことをもとに「まちでつくるプロジェクト」のアイデアをプレゼンテーションします。

講   師:浅見俊哉
ゲスト講師:熊谷薫(アートリサーチャー/アートマネージャー) 
2012年11月から公益財団法人東京都歴史文化財団東京アートポイント計画の人材育成講座TARLにおいて、記録調査/アーカイブ/評価に関わる研究開発プログラムに携わった。2014年4月よりフリーランスになりヨコハマ・パラトリエンナーレ2014、東京アートポイント計画共催団体、かがわ山なみ・芸術祭2016のアーカイブのコーディネートに携わる。


講師:浅見俊哉(キュレーター・写真作家・KAPL代表)
プロフィール: 1982年東京都葛飾区生まれ。
自身の作品制作と同時に、地域でアートを生かした「場」づくりを手がける。
2008年、埼玉県越谷市にアートスペース「KAPL」設立。
2009年からSMF(サイタマミューズフォーラム)協力委員。
2016年は2つの芸術祭に参加。「かがわ・山なみ芸術祭2016」綾川町エリアキュレーターを務め、
「さいたまトリエンナーレ2016」では「SMF学校」をコーディネート。 

講座実施日 6月18日(日)7月16日(日)9月3日(日)
時間 14:00-17:00
会場 ウェスタ川越2階 市民活動・生涯学習施設 活動室5
回数 全3回
受講料 無料
定員 15名
  • まちでつくるプロジェクト
  • PDFファイルをダウンロード

■講座についてのお問合せ
電話 049-249-1186 9:00~19:00(点検日等の休館日を除く)
Mail entry@westa-kawagoe.jp
Mailでのお問合せは、講座名・お名前・ご連絡先をご明記ください。

NeCST All Rights Reserved.